ページの先頭です。

メニューを飛ばして本文へ

知の拠点あいち 付加価値の高いモノづくりを支援する研究開発の拠点

知の拠点あいち

  • 閲覧ソフト
  • 文字サイズ

ここから本文

知の拠点あいちとは

「知の拠点あいち」とは、付加価値の高いモノづくりを支援するため、愛知県が愛・地球博会場跡地において整備を進めている研究開発拠点です。

知の拠点あいちとは

付加価値の高いモノづくりを支援する研究開発の拠点

付加価値の高いモノづくりを支援する研究開発の拠点

「知の拠点あいち」とは、付加価値の高いモノづくりを支援するため、愛知県が愛・地球博会場跡地において整備を進めている研究開発拠点です。

 この「知の拠点あいち」では、大学等の研究シーズをいち早く企業の製品化へと橋渡しする産学行政連携による共同研究や産業界の技術ニーズに対応した技術開発支援を行います。また、企業の製品開発や生産現場の課題解決のために、最先端のシンクロトロン光利用施設や高度な計測分析機器を用いて試験・分析などを行うとともに技術上の諸問題について相談に応じ、地域のモノづくり企業を技術支援します。さらに、平成27年度中には、新エネルギー実証研究エリアがオープンし、新エネルギー関連技術の実用化の促進など、企業の取組を支援します。

 「知の拠点あいち」は、「あいち産業科学技術総合センター」(上図左側)とシンクロトロン光利用施設である「あいちシンクロトロン光センター」(上図右側)及び「新エネルギー実証研究エリア」(上図左上側)の3つの施設から構成されています。

あいち産業科学技術総合センター

あいち産業科学技術総合センター」は、県内6カ所の技術センターの本部として、平成24年2月14日にオープンした施設で、県が管理運営しています。産学行政が連携し共同研究を実施する場所であるとともに、電子顕微鏡などナノテク分析機器を揃え、共同研究と地域企業の研究開発を支援する「知の拠点あいち」の中核施設です。

あいちシンクロトロン光センター

あいちシンクロトロン光センター」は、付加価値の高いモノづくりに不可欠なナノレベルの先端計測分析施設として、産学行政が連携した「地域共同利用施設」として設置されました。産業界、大学、愛知県から支援を受けながら、(公財)科学技術交流財団が主体となって運営する施設です。(平成25年3月オープン)

新エネルギー実証研究エリア

「新エネルギー実証研究エリア」は、新エネルギー関連技術の実用化を促進するため、実証研究の場を提供するなど、企業の取組を支援します。(平成27年度中オープン)

ページトップへ戻る

知の拠点あいち

〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267-1

電話: 0561-76-8301 FAX: 0561-76-8304

Copyright © Knowledge Hub Aichi. All rights reserved.