ページの先頭です。

メニューを飛ばして本文へ

知の拠点あいち 付加価値の高いモノづくりを支援する研究開発の拠点

知の拠点あいち

  • 閲覧ソフト
  • 文字サイズ

ここから本文

知の拠点あいちとは

「知の拠点あいち」とは、付加価値の高いモノづくりを支援するため、愛知県が愛・地球博会場跡地において整備を進めている研究開発拠点です。

設置の背景・経緯

背景

 国際的な経済競争が激化する中、経済のグローバル化による海外生産比率の拡大や、人口減少社会、高齢社会の到来による産業の担い手不足の問題など、将来の本県の生産活力の相対的な低下が危惧されています。

 そうした中で、この地域が今後も世界をリードするモノづくり拠点として、その活力を維持・発展させていくためには、モノづくりを支える科学技術=「知」の絶え間ない革新が必要です。

 そして、それを成し遂げるには、大学等の研究成果をモノづくりにつなげる「橋渡し」=「産・学・行政連携による共同研究開発」が不可欠であり、それを実現するソフト・ハードにおけるインフラづくりが重要です。

 このため、愛知県は平成19年3月に策定した「知の拠点」基本計画に基づき、「知の拠点あいち」づくりを進めています。

整備の経緯

平成5年3月
「科学技術交流センター(仮称)基本計画」策定
(複合的研究交流拠点施設の整備)
平成6年9月
財団法人科学技術交流財団を設立(平成23年4月に公益財団法人へ移行)
平成7から8年
科学技術交流センター施設基本設計、実施設計
平成12年9月
国際博覧会の用地として使用することを決定
平成18年3月
第2期愛知県科学技術基本計画を策定
(「次世代モノづくり技術の創造・発信の拠点」の整備)
平成19年3月
「知の拠点」基本計画策定
平成19から21年
先導的中核施設基本設計、実施設計
平成21年12月
文科省「地域産学官共同研究拠点整備事業」の採択
平成22年4月
「知の拠点」起工式
平成24年2月
あいち産業科学技術総合センター(先導的中核施設)オープン
平成25年3月
あいちシンクロトロン光センター(シンクロトロン光利用施設)オープン
平成27年度中
「新エネルギー実証研究エリア」オープン

ページトップへ戻る

知の拠点あいち

〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267-1

電話: 0561-76-8301 FAX: 0561-76-8304

Copyright © Knowledge Hub Aichi. All rights reserved.